窯業系サイディング

■ 窯業系サイディングとは? どんなところで使われているの?

外壁材にはモルタルやガルバリウム、漆喰材などさまざまなものがありますが、中でも最も人気が高いのが窯業系サイディング。
窯業系サイディングとは、セメントに繊維質の原料を混ぜ、板状に形成した外壁材のことを指します。

練り込まれた繊維質が素材の柔軟性を引き出すと共に、外壁を補強して強度を高めるため、耐震性や耐久性、耐火性に優れているのが大きな特徴です。

石やレンガを模したリアルな質感のものなど、デザインも豊富で、選ぶ楽しさがあるのも魅力。最近では住宅のみならず、商業施設や事務所など、住宅以外の建物でも多く使用されています。

そんな人気のサイディング工事。当社で携わってみませんか?

■ 経験者も未経験者も株式会社インパクトで一緒に働きましょう!

当社には経験豊富で資格も所有している職人が多数在籍しています。
そんな先輩職人が、今まで培ってきた技術を未経験の方にも一から丁寧にお伝え。
生涯職人として働けるだけの技術を身につけることができます。

興味を持たれた方は是非ご応募ください。

求人特集はコチラ>>

【代表直通】 090-3318-2215
【事務所】 03-3390-1848
【営業時間】 8:00~18:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 杉並区を中心に東京・神奈川・埼玉にご対応

一覧ページに戻る